カテゴリー別アーカイブ: 東日本大地震・津波と原発事故避難者への支援

東日本大震災・支援活動

2013年3月11日の大震災は、山形県南部にも、2分以上続いた大きな揺れと1日の停電によって経験したことのない大事件の発生を予感させました。

停電のおかげで、事の重大さを理解するのに時間がかかり、原発事故の不安と、ガソリンの極端な欠乏の中で、お世話になっていた気仙沼の教会まで出向いたのは4月になってからでした。心ばかりの支援金をお渡しし、泥かきと呼ばれる作業などもかたちばかりで、日帰りで何もお役にたたない状況でした。その教会は、「十字架が残った」といった見出しで新聞に大きく出たり、海外からの支援にも恵まれ、海岸べりの新築の教会が跡形なくなった代わりに、高台に立派な会堂が近く献堂されることになりました。

震災_気仙沼気仙沼南部、何軒かの家は土台のみ

震災_十字架の残った教会も土台と十字架が残りました

震災_気仙沼礼拝室印刷会社の一室が仮の礼拝室

震災_丘の上の教会気仙沼、通称「丘の上の教会」道路のひび割れはたいへんです。
お留守で内部は分かりません。

■ 2014年、福島県いわき市と富岡町

2014年になって、福島県いわき市に開設された「福島第一聖書バプテスト教会・泉のチャペル」にお邪魔する機会が二度ありました。もともと大熊町にあった教会が、現在も帰還困難区域内にあるため、いわき市での再出発となりました。

震災_翼の教会泉のチャペル(翼の教会)

震災_富岡駅常磐線富岡駅付近

震災_立入り禁止区域侵入禁止の向こうが大熊町側

震災_中間貯蔵原発汚染物質は黒い袋で保管?

■ 新しいビジョン
3年以上の時間を経ても、帰還困難や、原発による汚染を心配する家族の状況はそれほど変わっていません。福島で牧師をしている先生は、子どもたちを空気のきれいな地域でリフレッシュする活動を続けています。長井の教会は原発から100kmで決して離れた場所とは言えませんが、計測されている放射線はずっと正常値でした。牧師館や母子室を解放して自由に使っていただくことは可能かもしれません。(役員は賛成でした)