説教要旨 2016年11月27日

ヨブ記は、私たちに何を教えようとしているのか。

主はあらしの中からヨブに答えて仰せられた。「さあ、あなたは勇士のように腰に帯を締めよ。わたしはあなたに尋ねる。わたしに示せ。あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするために、わたしを罪に定めるのか。」        ヨブ記40:6、7、8

ヨブ記は、すべての人間に(神が)語りかけるために記されたものか。あるいは、特定の

人、たとえばイスラエル民族、クリスチャン、苦難を背負った民族など一部の人々を励ますため

のものか。いえ、やはり、神さまはすべての人間に語りかけておられるのだと思います。

ヨブの妻は、「神をのろって死になさい」とヨブに勧めました。いくら神に期待しても、もはや何も得られない。ヨブの妻は、神が居ないとは思っていないはずです。現実の状態はひどすぎて、修復が不可のように見えるのです。それにも関わらず、実際には、ヨブは完全に復調し、それまで以上の幸いと長寿を手にします。神の目的は、おそらく「義人ヨブ」がさらに最高の栄誉に至ることを目指して、敢えて試練を与えたのでしょう。

この見え見えのハッピーエンドの戯曲のようなストーリーは、しかし、人間が考え出したものではありません。実際に起こった出来事を、神の霊感により劇曲化されて、聖書の一巻として残ったわけです。内容は、3、4千年も前の人たちの「神観」がもとになっています。ヨブも語り、3人の友人も語る、それらは神について伝え聞いていたことからの推察でしょう。おそらく聖書も、ほんの一部しか完成していなかったわけですから。最後に至って神御自身がお語りになり、誰が正しく、誰が悪いのかが明らかにされます。①3人の友人たち;「神について真実を語らず、神の怒りが3人に向かって燃えていた」、②ヨブ;「ヨブは自らの非を認めて、神に対して悔い改めた」これが結論です。神の味方のつもりだった友人たちは、驚愕したはずです。

それにしても神さまはお優しいですね。ヨブに向かう時には、まさに最愛の人と向かいあうようです。ヨブの問題点を教える時も、たった一言で見事に語っています。冒頭の最後の一文がそれです。まさにヨブの自己義認だけは厳しく咎めています。自分のほうが神より正しいというスタンスは、サタンと変りません。私たちも、ヨブがそうであったように、またヨブの妻が語ってように、自己義認のわなに陥りやすい存在です。でも神さまが、私たちに苦難、試練を与えるのは、ヘブル人への手紙(12章)に書かれているように、神さまが私たちを子として受け入れ、ご自身の聖さに預からせようとして懲らしているのです。主を見上げて信仰をもって前進しましょう。