カテゴリー別アーカイブ: 歓迎、活動紹介

神のことに対する、私たちの理解力

2016年2月21日

神のことに対する、私たちの理解力。(週報・4面より)

「それで私たちは、真実な方のうちに、すなわち御子イエス・キリストのうちにいるのです。この方こそ、まことの神、永遠のいのちです。」

ヨハネ第一の手紙 5:20b

「御子を信じる者はひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つ」という聖句をそのまま受け入れ、私の場合38年が経ちました。長い年月、福音を受けた私たちは、どのように生きてきたでしょうか。新天新地があると聖書は語るので、この地上が永遠に続くと思う人は少ないでしょう。どのように地上のいのちを用いたらよいでしょうか?

私は「永遠のいのち」について、普通の意味での死の後に、最後の審判で無罪とされ、そのまま天国に入れていただき、そこから永遠のいのちが始まるのではないか、そんな感じ方をしていました。ちょうど、何十年あとで満期になる生命保険に入ったのと同じで、安心はしたもののずいぶん先のことだと思っていたのです。

ところが、今回、ヨハネの手紙第一を学んで、今すでに永遠のいのちを持っていると強く確信するようになりました。様々な機会に、多くのメッセンジャーが、「生きている今、永遠のいのちを持っている」というお話をされ、半ばはそうかと思いつつ、信じた当初の感じ方にもいくらか未練を残して、そこを曖昧に生きてきてしまいました。

それは大きな損失であったのかもしれません。上記の聖句によると、私たちはクリスチャンになった時点でイエス・キリストのうちにいると書かれています。「永遠のいのちを持つもの」と自覚して生きることを、私たちに促していると思えます。この地上のいのちのことだけを考えるなら、健康に気を配り、少しでも家族や教会の役に立つようにしたいとか、体が不自由になって回りの人に迷惑をかけたくない、そんなことを大切にすれば十分です。しかし今、永遠のいのちの中にすでに生きているなら、神さまのお心、神さまが今、私に命じておられることをもっと知る努力をすべきでしょう。永遠のいのちは漠然としたものではなく、地上にいる今、それを最大限活用すべきです。いつも、具体的に理解している必要があったし、これからもあるに違いありません。

 

二代目クリスチャンの苦労

『二代目クリスチャンの苦労』

 

「わが子よ。私のことばを守り、私の命令をあなたのうちにたくわえよ。私の命令を守って、生きよ。私のおしえを、あなたのひとみのように守れ。」

箴言 7:1,2

 

先週木曜日は、長男が新しい住居に引越しする手伝いに行きました。まだ、挙式までは1ヶ月以上間があるのですが、旗日はこの日だけでしたから。

私たち家族は、21年前、名古屋から山形県長井市に引っ越しました。小学校4年生で転校してきた彼は、帰宅すると私とよくキャッチボールをしました。息子はスポ少にも入らず、残った時間もイモリや昆虫採集に山にでかけました。終日仕事の母ではなく、4時には帰っている父が子どもと遊ぶ係りでした。

彼が中学に入る時、野球部に入るというので驚きました。「日曜日は礼拝の日だ。試合に出なくても大丈夫か?」と問い、「練習だけでもいい」と言い、彼は3年間、たまの代打で出してもらう以外は出番のない野球部員で過ごしました。高校入学時には、「僕はもう野球部に入らない」という宣言をしました。ところが、「1年生の部員は7,8名らしい」とニコニコで帰宅、9名集まらないならたまには出番があると思ったのでしょう、前言を取り消し野球部に入ったのです。高校2年生が終わるまで日曜日礼拝厳守でしたが、冬季室内練習も午後集合だったため練習参加をし、練習試合などでの出番は増えました。6年目の春、イースターの日は当然試合を休ませたところ、次から打順はクリーンアップから8番に降格しました。春の公式戦で、5打数5安打して直ぐに5番に打順は上げました。私は5年間、彼に一歩も譲歩せずに聖日厳守を通させましたが、夕拝と祈祷会を守ることを条件に、3年生の数ヶ月は「部活のある時は、朝礼拝を休んでいいよ」ということにしました。

冒頭聖句の「私」というのは、父親のことではありません。擬人化された神の知恵です。・・・私のような融通のきかない父親のもとで彼はよく躓かなかった、今考えるとひどいことをしたとも思うのですが、結果だけみると、彼は満足できる高校生活を過ごし、神様を礼拝する生活も身につけました。ただ主のあわれみのみでした。

礼拝説教より とりなしの祈り

礼拝説教より(要約)  執り成しの祈りについて

2016年1月7日

 

「だれでも兄弟が死に至らない罪を犯しているのを見たなら、神に求めなさい。そうすれば神はその人のために、死に至らない罪を犯している人々に、いのちをお与えになります。」                                   ヨハネの手紙第一 5:16a

 

イエスさまをあかしする目的の第一は、罪人が救われることです。クリスチャンは隣人に福音を伝えます。その隣人の心に御霊が語ってくださることを祈る役目もあります。使徒ヨハネは、「クリスチャンを御子を持つ者」と呼んでいますが、それは御霊の内住を指しています。クリスチャンのできる“伝道”は、直接的にはイエスさまが歴史的事実としてバプテスマから十字架、復活に至る歩みをされたことをあかしすることですが、最大のあかしをされるのは、御霊なのです。

私たちは、「永遠のいのち」という言葉は、実感し難いものだと思います。ヨハネは、黙示録をも書いた人ですから、この世のいのちと神が与える永遠のいのちが、いかに大きな違いがあるかを実感していました。私たちは神さまが言葉を発し、約束をしてくださったことに対して、どこまで真剣にそれを受け取っているでしょうか。今の時代は、昔以上に永遠のいのちがわからな人が多くなってきたのではないでしょうか。それは旧ソ連の人工衛星で人類最初に地球を眺めたガガーリンという宇宙飛行士が、神の玉座がどこにもないという放言をした頃から、次第に多くの人々が目で見えないものの価値を、ひどく低く見るようになったためと思います。

「永遠のいのち」を、絵に描いた餅のように実体のないものと思う人がいるなら、その人は永遠の滅びに至ることになります。ヘブル9:27には、「人間には一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」と書かれています。神の裁きは正しく、有罪か、無罪かによって厳粛な結末を人は迎えなくてはなりません。救われている人は死後に永遠のいのちを受けますが、他の人は火の池(第二の死)に居続けなくてはなりません。二者択一であることを、すべての人に明示する必要があります。

 

 

牧師の紹介

牧師

大橋不三男 (おおはし ふみお)

1947年11月14日生まれ、愛知県出身。名古屋大学理学部地球科学科博士課程在学中、1978年に信仰を持つ。
学位を取得した後、1983年日本バプテスト聖書神学校に入学。1986年同神学校卒業と同時に愛知県尾張旭市にて開拓伝道を始める。
10年後に高校理科講師という立場と、聖書の語る天地創造の記事の見かけ上のギャップに悩み、伝道師を辞任。妻の実家のある山形県長井市に転居。高校理科講師の働きを再開、さらに聖書教理を再点検して2002年から長井聖書バプテスト教会牧師に就任。特に、前牧師で、2001年よりペルー宣教のお働きを開始された川崎淳宣教の支援会、また、自然科学と天地創造の記事の調和を信じての文書活動、微力ながら東日本大震災の支援活動に取り組んでいる。2人の息子たちは成人となり独立し、キリスト教主義の施設などに就職している。

 

 

 

教会堂のご紹介

長井教会・会堂長井に聖書バプテスト教会という名の教会が開設されたのは1962年です。
それ以前から米沢で宣教をされていたベニー・ベンソン先生ご家族が、今の場所に住居兼礼拝所を建てされ9月から礼拝、教会学校が始まりましした。
現在までに60名のバプテスマと25名の転入会者が与えられましたが、若者の流出も大きく、現財の教会員は18名です。
今の教会堂は、それ以前から大工のお仕事をされていた高橋善夫兄がリーダーとなって1985年に完成したものです。礼拝室は2階ですが、御高齢や足の不自由な方などもおられるため、1階でも礼拝をすることが増えています。

看板の手前から、全景看板の手前から、全景 道路沿いの案内板道路沿いの案内板 入り口付近入り口付近
礼拝堂全景礼拝室全景 礼拝室出口側道路沿いの案内板 バプテスマ漕バプテスマ漕
バプテスマ漕とオルガンバプテスマ漕とオルガン 1階の食堂(第2礼拝室)1階の食堂(第2礼拝室)
ペルー宣教ペルー宣教 教会脇は牧師館です教会脇は牧師館です